ほんものの、自然の卵を知っていますか?  麦畑自然農場の平飼い卵「むかしむかし卵」 | 麦畑自然農場

2017/09/29 18:03

 

 

わたしたち麦畑自然農場では、

平飼い養鶏をし、無農薬野菜を育て、そして生はちみつを採っています。

今日は、その中でも平飼い養鶏と無農薬野菜の関係について少しだけご紹介します。

 

 


そもそも、当農場が平飼い養鶏を始めたのは、

畑に安全な鶏糞堆肥を使いたいということからです。


農業を初めて間もなくして、肥料となる鶏糞について調べていると、

農薬漬けの飼料を食べた鶏たちの鶏糞が、一般的な肥料として出回っていることがわかりました。

オーガニック、無農薬にこだわって野菜作りをしていても、

その肥料には危険な化学物質が入っているのでは、ほんとうの安全な食品といえないと考え、

わたしたちの農場では

鶏を飼い、その鶏たちには国産かつ安全な餌を与え、

そこから畑に入れることのできる安全な鶏糞堆肥をつくっています。

 

 

食べ物によって鶏の玉子の色が一年のうちにも変化します。

今の時期は、当農場では野菜の間引き菜が豊富なので、

黄身の色は、一年の中でも少し鮮やかな色になります。


ただ、一般的な養鶏場では、

卵の黄身の色を鮮やかにするために着色するような餌をたべさせているということもあるそうなので、

そういったものに比べると、当農場の卵は、年間をとおしてやや白っぽい色をしています。

ただ、それが自然の色なのです!!その色の違いにまず驚かれる方も多いですよ。

 

 


わたしたちの卵は、どこよりも安全な自然卵と自信を持っています。

おすすめの食べ方は、卵かけご飯!!!

鶏小屋のような臭いがして生卵が苦手な方も多いと思いますが、当農場のこの卵は臭みはありません。

(わたしも、この卵を食べるようになってからは、

一般的な養鶏場の卵は臭いが強すぎて一切食べることができなくなりました。)

 


卵は生卵でいただくことで、身体の免役をいっそう高めてくれますので、

安全な「むかしむかし卵」で、卵かけごはん、ぜひ召し上がってみてください!!